2019
Goldwin

50年以上の歴史の中で、スキーの分野で培ったテクノロジーを駆使した快適で合理的なウエアを提案するブランド、GoldwinのブランドムービーをJKDが企画制作いたしました。舞台となったのは岩手県と秋田県にまたがる標高1613mの八幡平のバックカントリー。誰もいない白銀の斜面に雪煙をあげながら一本のシュプールだけが描かれていく幻想的な映像で、ミニマリズムの精神に貫かれたGoldwinブランドの世界観を表現しています。撮影には最新型ドローン、DJI Inspire 2を使用し、約2キロ先の尾根にスタンバイしたバックカントリー専門のライダー河野克幸と関谷和茂が雪面を滑り降りる姿をハイスピードカメラでとらえました。こちらのバージョンでは、スキーヤーたちの姿をポストプロダクションの過程で消すことにより、白銀の斜面に刻まれる軌跡の美しさと、目に見えないスキーヤーの存在感が強調され、オーディエンス自身が自然の中に溶け込む感覚を覚えることができるような仕上がりとなっています。ディレクターはクリス・ラッズ。音楽はベルリン在住のコンポーザー、平野みどり。

link